たまプラーザの家|A邸

「たまプラーザの家(2世帯住宅)」は、美しが丘の丘陵地に建つ2世帯住宅です。 1階をご両親の世帯、2階を子世帯とした上下分離型の2世帯住宅で、玄関は共通、水廻りは各々独立した計画となっています。 敷地は、南北面共に広い道路に面し、冬季の日射取得が期待出来るので、広い採光面積がとれるように東西面に長いパッシブデザインの 基本に忠実なプランを提案しています。

- Profile -

家族構成 夫婦,子ども2人(将来親世帯と同居予定)
所在地 たまプラーザ
カテゴリ 建替え
敷地面積 236.06㎡
延床面積 160.65㎡
間取り 完全分離型2世帯 1F親世帯 2LDK+S 1階・2階子世帯 3LDKS∔ロフト 事務所スペース
工法・構造 木造2階建て
竣工年月 2005(平成17)年11月
建築事務所 松田毅紀(HAN環境・建築設計事務所)
問い合わせ 田園都市建築家の会

こだわりポイント

モルタル床のワークスペース
1階に子世帯の玄関を兼ね、ご夫妻の仕事スペースとなるワークスペースを設けました。 土足仕様を前提として床は、モルタル仕上。ヒートポンプ式の蓄熱床下暖房を採用しているので、冬でも暖かく過ごせます。

2階リビング
南側の大きな窓は、木製サッシとし、天井は、ラワン合板仕上とすることにより木質感が感じられます。 色のきれいなハンモックをつり下げ暮らしのアクセントとしています。

ステンレス製アイランドキッチン
わりの全面ステンレスのオーダーキッチン。家族皆で調理が出来る様に2.7m×1.0mと大きなサイズ。 キッチン背面は、扉を閉じるとスッキリとする4本引き戸のパントリースペースとなっていて、家電や食器、食材など十分な収納スペースを確保しています。